プロポリスで美容と健康を手に入れよう

プロポリスの乳酸菌との同時摂取は大丈夫?

天然の抗生物質とも言われて、さまざまな健康効果が指摘されているプロポリスですが、独特の味やニオイで初めての人には飲みづらいのが欠点です。そのため、飲みやすくするためにヨーグルトなどに混ぜて食べる人もいます。しかし、殺菌力の強いプロポリスは、ヨーグルトに含まれる乳酸菌も攻撃してしまうのではないでしょうか?さらに、体内の乳酸菌などにも悪影響を与えないのでしょうか?

乳酸菌とは

乳酸菌は人や動物の腸内に存在する微生物の総称です。その種類は200以上あります。人の腸内には乳酸菌以外にも数多くの腸内細菌が棲んでいます。大きく善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3つに分かれます。日和見菌はあまり耳にしない言葉ですが、腸内細菌のほとんどは日和見菌で、悪玉菌が多くなると害を及ぼす危険性があります。乳酸菌は、ビフィズス菌と並んで善玉菌の代表とも言える腸内細菌です。便秘や下痢の改善、さらには免疫力アップさせたり、アレルギーなどの抑制効果が言われています。

天然の抗生物質の効果

プロポリスは天然の抗生物質と言われるほど、強い殺菌・抗菌効果があります。抗生物質のペニシリンよりも効果が強いという研究発表もあります。ピロリ菌の除去にも効果があると報告されています。

一般的な抗生物質は、腸内の乳酸菌などの善玉菌も攻撃してしまいます。しかし、プロポリスは善玉菌を攻撃することはありません。プロポリスの殺菌・抗菌力は、体に有害な菌だけを攻撃するのです。安心安全な天然の抗生物質なのです。

乳酸菌とプロポリスの相乗効果

プロポリスは悪玉菌だけを攻撃するので、乳酸菌を同時に摂取しても問題はありません。それ以上に効果も期待されます。乳酸菌は腸内環境を整えるのでプロポリスの栄養成分を効果的に吸収できる働きをします。さらに、プロポリスと乳酸菌にはアレルギーの抑制効果があります。同時に摂取することでより効果が期待できます。さまざまな病気の改善や予防、健康維持にオススメです。

乳酸菌サプリがオススメ

プロポリス独特のニオイや味を和らげる目的でヨーグルトにかけるのも良い方法ですが、乳酸菌を摂取するにはあまり効果は期待できません。ヨーグルトも食べ過ぎるとカロリーオーバーにつながります。乳酸菌のサプリメントを同時に摂取するのがオススメです。