プロポリスで美容と健康を手に入れよう

プロポリスの脂質代謝

美味しいものに囲まれている生活の中で食べ過ぎてしまうのは仕方ないのかもしれません。しかし、食べ過ぎはメタボへの道でもあります。特に肉食中心の食生活では脂質の取り過ぎに注意が必要です。糖質の取り過ぎは脂質の代謝を悪くし肥満につながります。肥満は万病の元です。そうならないためにも日頃から意識することも大切です。プロポリスには脂質の代謝を改善する効果があります。

脂質の働き

人に不可欠な3大栄養素が、「炭水化物」「タンパク質」そして「脂質」です。脂質は、体内のエネルギー源として蓄積されます。活動のエネルギー以外に、体温調節や脳神経細胞や細胞膜、ホルモンなどの材料にもなります。炭水化物のようにすぐにエネルギーにはなりませんが、必要な時に少ない量でエネルギーに分解される貴重な栄養素なのです。

脂質の代謝が低下すると

人にとって重要な栄養素である脂質ですが、食生活の乱れや加齢などにより脂質の代謝が悪くなり、体内に脂肪が余分に溜まると肥満になります。肥満になると心臓や血管に負担をかけて、高血圧や糖尿病などの生活習慣病につながります。また、肝臓に脂肪が溜まる脂肪肝のリスクも高まります。

プロポリスの脂肪改善効果

プロポリスには、さまざまな成分が含まれています。その中でもフラボノイドは抗酸化力があり、脂質が酸化されて過酸化脂質に変貌するのを防ぎます。過酸化脂質は過酸化脂質は脳の血管などに血栓をつくる危険な脂質です。また、脂肪を燃焼させたり、脂肪を分解させる働きのあるビタミンやミネラル、アミノ酸も豊富に含まれています。

プロポリスの研究報告

プロポリスに関する研究はいろいろ報告されています。その中で2009年に掲載された研究報告(J Food Sci. 2009 Jun;74(5):H127-31. )では、肥満モデル動物にプロポリスを8週間与えたところ、体脂肪や脂質量が減少したことが報告されています。特にプロポリスの量が多いグループでは、内臓に蓄積する脂肪量が有意に減少したそうです。

生活習慣病の予防に

油断すると誰もがかかるのが生活習慣病です。その原因となる食べすぎには注意が必要ですが、なかなか出来ないのが現実でしょう。しかし、日頃から予防する努力も必要です。ダイエットは難しいけれど、プロポリスを飲むことは簡単なことです。自身の健康管理のために、是非お役立て下さい。