プロポリスで美容と健康を手に入れよう

プロポリスの利尿作用

健康維持のために毎日1リットル以上の水を飲むのが良いと言われています。これは水分を取ることで利尿効果が高まり、体内の毒素や余分な水分が排出され、新陳代謝が良くなるからです。逆に利尿が良くないと新陳代謝が悪くなり、むくみや体調不良の原因になります。毎日大量の水を飲むのも効果的ですが、プロポリスを飲んでも利尿作用はあります。

利尿作用のある成分

利尿作用がある飲み物として知られているのが、コーヒーや紅茶、緑茶などです。これはカフェインの作用です。また、カリウムが多く含まれているパセリやアボカド、ほうれん草も利尿効作用があります。プロポリスには、カフェインとカリウムが含まれています。

カフェインの利尿作用

コーヒーを飲むと眠れなくなった、という経験がある人は多いはずです。カフェインは、脳を刺激して眠気や疲労感を取り除く効果があります。しかし、カフェインの効果はこれだけではありません。血管を拡張させて腎臓の血流を良くする効果もあります。腎臓の血流が多くなると濾過する量も増えて利尿が促進されるのです。

カリウムの利尿作用

カリウムは体内でナトリウムとバランスを取って、細胞や血圧を調整しています。ナトリウム(塩分)を多く摂取すると、体は塩分濃度を下げようとして水分を欲するようになります。これがむくみの原因になります。カリウムは増えすぎたナトリウムを尿と一緒に排出する作用があります。

アルコールの利尿作用には注意

ビールを飲むと頻繁にトイレに行きますよね。これは、アルコールの利尿作用によるものです。しかし、アルコールの利尿作用は強すぎるので脱水症状をおこすリスクがあります。また、細胞内の水分も奪われるので、新陳代謝も悪くなります。アルコールを飲んだら水分を補給することが大切です。アルコールの利尿作用は健康的とは言えません。

プロポリスの利尿作用で新陳代謝を改善

健康的な利尿には、カフェインやカリウムが不可欠です。健康な人の場合、腎臓で処理された毒素は尿とともに排出されます。しかし、新陳代謝が悪くなり尿の排出がスムーズにおこなわれないと毒素は体内に蓄積されてしまいます。その結果、腎臓などの内臓器官に負担をかけてしまいます。利尿が改善されれば新陳代謝が良くなります。新陳代謝の改善には、プロポリスがオススメです。